• lovely

不倫がつまらないと感じる瞬間とは?もう別れた方がいいの?

不倫がつまらないと感じる瞬間とは?もう別れた方がいいの?

記事の目次

  1. 1.不倫に悩む女性へ、その愛は本物かも!?
  2. 2.不倫がつまらないとは?
  3. 3.不倫がつまらないと感じる瞬間とは?
  4. 4.不倫がつまらないと感じる要因は?
  5. 5.不倫愛の未来とは?彼の本心を知る方法を紹介します
  6. 6.不倫がつまらないと感じたときにするべきことは?
  7. 7.つまらないとき不倫の別れを選ぶ基準とは?
  8. 8.つまらないとき不倫を続ける基準とは?
  9. 9.周りの不倫事情とは?
  10. 10.まとめ

不倫でも通常の恋愛同様に倦怠期がくることがあります。一緒にいても楽しさやときめきはなく、既婚者と過ごす意味さえ見失ってしまうでしょう。

『つまらない…』と感じたときは、不倫のターニングポイントでもあるといえます。気持ちを誤魔化してダラダラ関係を続けずに、一度自分の気持ちを整理して今後の道を選択してください。

このまま続ける意味がある?
もう別れた方がいいの?

今回は不倫がつまらないと感じる瞬間について深く紹介していきます。不倫相手と会うのが面倒になってきている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PR【不倫体験談】好きすぎて辛い既婚者との恋...不倫関係から結ばれた人の共通点とは?
PR【秘密の恋】好きになった人が実は既婚者だった…

不倫に悩む女性へ、その愛は本物かも!?

愛してはいけない人を愛してしまった…どうすればいいのだろう。

不倫愛に悩む女性は数多くいます。

  • あの人にとって私の存在って…
  • 本気で私のことを愛してくれているの?
  • 最後にあの人が選ぶのはやっぱり奥さんなの!?

そんな疑問を抱いたら、不倫愛成就の電話占いカリスに相談してみましょう。

不倫がつまらないとは?

そもそも不倫がつまらないというのは、どのような現象のことを指すのでしょうか。まずは『つまらない』という言葉だけをクローズアップして考えてみます。

  • 満足感がない
  • 興味がもてない
  • おもしろくなり
  • とりあげるだけの価値がない
  • ばかばかしい
  • 得るところが少ない
  • 心に感動をもたらさない

つまらないという言葉には上記のような意味があるのです。『不倫相手と一緒にいても心が動かない』状態です。ドキドキもワクワクもなければ、面白くも楽しくもありません。

『不倫するくらいなら一人で読書していた方がいい』と何かと比較して価値を感じることがないです。不倫がつまらないと感じてしまうと、会うことも面倒で億劫で仕方なくなってしまうでしょう。

不倫がつまらないと感じる瞬間とは?

『またホテル?』いつもと同じデートコース

不倫関係では、恋人同士のように自由にデートを楽しめるわけではありません。限られた時間と場所の中で毎回デートを重ねるしかないのです。

会えば定番の個室レストランで食事して、そしてホテルへと誘導されます。このコースを当然のように先導されたとき、とてつもない拒絶感に襲われることがあるでしょう。

『またここの食事?』
『またここのホテル?』
『またここの部屋?』

繰り返し同じことだけのデートに興味も満足感も薄れていきます。会う前からすべてが見えてしまうことで、つまらなさを感じてしまうようになるのです。

『妻に愛情はない』言っているだけで進展しない

不倫をしている男性は、平気で口から嘘を吐きます。不倫相手を安心させるための決まり文句でもあるかのように、必ず会えば口にするでしょう。

しかしどんなに安心や期待をさせたところで、結局は不倫が進展することはありません。不倫は不倫でしかなく、その状況や関係が変わることはないでしょう。

『妻には愛情がない』
『もう離婚する』
『あと少し待っていてほしい』

会うたびに期待をします。そして期待をしては裏切られるのです。こんなことの繰り返しですから、徐々にばかばかしいと感じてきてしまいます。

嘘をつかれるほど気持ちが冷めていくでしょう。何も進展しないことがわかっているので、不倫への不満が募りつまらなくなるのです。

『僕には君しかないな』男性の愛情が重い

不倫カップルの愛情は千差万別です。不倫でも本物の愛を注いでいる人もいれば、軽い気持ちで楽しんでいる人もいます。

愛情の比率が同じくらいであれば良いですが、どちらかが重くなりと負担に感じるでしょう。女性にも既婚者だから面倒ではないと、あえて不倫を選択している人もいますよね。

遊び不倫の女性に対して、本気になる男性も少なくありません。そして重たい愛情をストレートに伝えられた瞬間に、女性は恐怖とともにつまらないという冷めた感情を抱きます。

『え?もう?』セックスに飽きた

不倫で重要となるのはセックスですよね。男性にテクニックがあったり、女性を満足させるだけのモノを持っていたり、また相性が良いと上手くいきます。

逆に不倫関係でセックスに不満が出てしまうと、それだけで一緒にいる価値がないように感じるでしょう。セックスで満足できない相手と不倫をする意味はないと思うのです。

『もう終わり?』
『それだけ?』

セックスに物足りなさを感じて興奮できないと、不倫そのものがつまらなくなります。セックスに飽きた瞬間、一緒にいる目的を失ってしまうでしょう。

『妻は不倫に気づいている』スリルがない

不倫をしている女性の中には『既婚者との恋愛』というスリルが好きな人もいます。また人の夫を寝取っているという感覚が、奥さんより優位に立っているようで快感なのです。

しかし当の妻たちの中には、不倫に気づきながら目をつむっている人もいます。夫に興味はなく、お金さえ稼いでくれていれば不倫くらい大目に見ているのです。

おそらくそこに夫婦関係の愛情はないのでしょう。時期がきたら不倫相手に夫をあげてもいいとすら考えているかもしれません。

不倫相手の男性に『妻は気づいている』と言われると、そんな奥さんの背景を想像します。そして途端に敗北感を得てしまうのです。

『奥さんのいらなくなったもの?』
『隠す必要がない?』

不倫をする価値はないでしょう。会うことも連絡することもスリルがなくなってしまい、優越感も得られない不倫がつまらなくなるのです。

不倫がつまらないと感じる要因は?

最初の3か月がピークの恋愛だから

不倫は最初の3か月がピークであると言われています。甘い疑似恋愛をして、罪悪感や背徳感の中で一緒に過ごすことが快感なのです。

しかし人間は慣れてしまいます。どんな感情も危険も喜びも、持続することで当たり前になっていくでしょう。特別なことが何もなくなってしまうのです。

次第に不倫が平凡でありきたりのことになります。そ何もおもしろさを感じることがなく、つまらない恋愛になってしまうのです。

未来に向かって進んでいくことがない

不倫をしていると、常に現状維持から抜け出すことがありません。未来を夢見ることも、未来に向かって歩むことも、未来に期待することもないのです。

ただ一緒に過ごす『今』だけを大切にします。夢も目標もないことで、少しずつ交際していることにおもしろみを感じなくなってしまうでしょう。

なんのため?
どこへ向かう?

自問自答を繰り返しているうちに、不倫をすることが面倒になります。未来のない恋愛に価値を感じることができなくなり、つまらなく感じるのです。

毎回同じようなデート内容

不倫をしているときのデートは、毎回同じようなコースになりますよね。同じ場所で食事をして、ホテルへ行き、そして解散するのが定番です。

行きたい場所に行けるわけでもないですし、自分の希望が通ることもありません。ただ人目を避けてひっそりとデートをします。

『今日もこれか』
『次もこれか』

代わり映えしないデートに飽きを感じてしまうでしょう。そしてドキドキもワクワクも何も感じることができず、つまらなくなってしまうのです。

未知だったものを知り得た

不倫の楽しさとは、未知の相手を少しずつ開拓していくことです。会社の上司で手に届かないような存在だった人が自分と一緒にいることに興奮を感じます。

最初は相手の知らない一面を見られることに幸せを感じるでしょう。自分だけが知る相手の素顔を見つけることに夢中になるのです。

しかし相手の未知な部分がなくなると、興味が薄れてしまいます。すべてを知り得てしまうことで、もう自分の手の中に入ってしまうことになるのです。

知ることがなくなると興味がなくなります。一緒にいても何も感じることができず、つまらなくなってしまうでしょう。

不倫という言葉に酔いしれていた

『不倫』という言葉は、一時的にブームになった言葉でもあります。既婚者との危険な関係ということに酔いしれてしまうこともあるでしょう。

しかし実際には不倫は単なる影の女です。憧れていたような関係ではなく、ただひっそりと地味に付き合っていかなければいけません。

『不倫』に理想を持ってしまっていると、現実とのギャップに落胆します。自分が思い描いていた不倫とは異なることに、興味を持てなくなってしまうのです。

非日常が日常になる

不倫というのは、非日常的な空間を体験することができます。いつもとは異なる時間と空気の中で、いつもとは自分になれるような気分になるでしょう。

しかし不倫を続けていると非日常が日常に変わります。一緒にいることが当たり前になり、不倫をしていることが日常になってしまうのです。

そうなると途端に不倫がつまらなくなります。一緒にいても感情が高まることはなく、相手に対して何も魅力を感じなくなってしまうでしょう。

不倫愛の未来とは?彼の本心を知る方法を紹介します

彼と不倫関係が続いていると、ふと不安になりますよね。

このままの関係でいいのかな…

  • 既婚男性と両想いになる魔法
  • あの人が離婚する可能性
  • 不倫した彼との結婚・未来

を知りたくないですか?

カリスの占い師に相談してみましょう。

不倫がつまらないと感じたときにするべきことは?

一度距離をおいて冷静になる

不倫がつまらないと感じたときは、まず倦怠期であることが考えられます。倦怠期を乗り越えるためには、一度距離をおいて冷静になることが重要です。

会わないことはもちろんですが、連絡を取るのも控えましょう。一度自分の生活から不倫を取り除いてみてください。

期間は短くても1か月は必要です。1か月の間に相手に対してどのような感情を芽生えるのかをゆっくり考えてみてください。

何がつまらないのか考える

不倫がつまらないと感じたとき、何に対してつまらないという感情を抱いているのか考えてみましょう。それが相手に対してなのか、自分に対してなのか、行為に対してなのか…です。

『会話していてもつまらない』
『会うことに価値を感じない』
『セックスが満たされない』
『そもそも自分の人生がつまらない』

つまらない原因を追究することが大切になります。色々な思考が邪魔をして、ただつまらないという感情が先走っている可能性もあるでしょう。

まずは自分の気持ちを整理してください。そして何が自分をつまらなくさせているのかよく考えてみましょう。

二人で話し合いをする

不倫がつまらないのは、どこかで納得できないストレスを抱えているからではないでしょうか。不平不満があることで、つまらないと感じてしまうこともあります。

一度不倫相手と関係性や今後のことを話してみましょう。自分自身が何に不満を持ち、相手に何を求めているのか気持ちをぶつけてみてください。

そうすれば不倫相手の知らなかった気持ちを知ることもできます。勘違いしていたことや考えが変わることもあるでしょう。

つまらないという気持ちで不平不満を隠さないようにしてください。向き合って話すことで、自分の気持ちを素直に吐き出してみましょう。

いつもとは違うことをする

同じ場所や行動ばかりしていては、つまらないと感じてしまうのも仕方のないことです。いつもとは違うことをして、変化をつけることで様子を見てみましょう。

いつもホテルでセックスばかりしているのであれば、温泉地で1泊するのも良いですね。また高級ホテルで素敵な夜を過ごすだけでも雰囲気が変わります。

不倫をしていると、制限があるのでなかなか希望通りのデートはできません。それでもいつもと違うことはできるものです。

少し変化をつけて『楽しい』と思えたら、行動に飽きていただけでしょう。時々変化をつけてマンネリさせない努力をしてみてください。

登場人物を増やしてみる

不倫は誰にも知られてはいけない関係です。そのため不倫をしていると自分と相手だけの関係になってしまいますよね。それがつまらないという感情を引き起こすこともあるでしょう。

登場人物を増やすことで、見えてくる景色は変わります。たとえば言い寄られている男性を登場させたり、もう一組の不倫カップルとダブルデートしてみるのも良いでしょう。

『不倫でそんなことして大丈夫?』と感じるかもしれません。しかし共通して話せる人物や、刺激を与えてくれる人物がいることで、不倫はおもしろみが増すのです。

危険やスリルを偽造する

不倫の危険やスリルに慣れてしまうと、ただの面倒な恋愛になってしまいます。不倫している価値を感じることができないでしょう。

少し荒い手ではありますが、自分で危険やスリルを偽造してみてください。不倫の楽しさを思い出して、また燃えてくるのです。

『会社の人にうわさになっているみたい』
『テーマパークに出かけてみようよ』

少し危険な橋を渡ることで、スリルを味わうことができます。そうすれば初期の頃の気持ちを思い出すことができるのです。

つまらないとき不倫の別れを選ぶ基準とは?

会わない期間に恋しくならない

つまらないと感じて距離を空いたとき、自分の気持ちに穴が空くかどうかを確認します。もし離れていても恋しい・寂しいと感じないのであれば、別れるべき不倫です。

一緒にいてつまらないうえに、一緒にいなくても相手を必要としていないということでしょう。そんな関係であれば、続ける意味がありません。

恋人であっても別れを選択するような関係です。不倫なのですから、余計に迷わず別れを選んでよい関係だといえるでしょう。

不倫で失うものに怖さを感じる

不倫がつまらないと感じたときは、不倫で失うものと不倫相手を天秤にかけてみましょう。何が自分にとって大切なのかをはっきりさせて、別れるべきかを判断してください。

不倫を続けていて失うものとは、婚期・仕事・お金など多くあります。もしすべて失うと考えたとき、それを超える魅力が不倫相手にはあるでしょうか。

不倫相手のために失いたくないものがあるのであれば、別れを選ぶべきです。つまらないと感じている今こそ別れを決断するチャンスであるでしょう。

将来の自分の幸せを考える

不倫がつまらないと感じたときは、まずは自分のことを一番に考えましょう。不倫に不満を感じたときこそ、将来のことを考えるターニングポイントとなります。

不倫をしているままでは、結婚も出産も叶えることはできません。もちろん結婚して出産をすることが必ずしも幸せということではありません。

ただ少しでも視野に入れているのであれば、不倫をしているだけで時期を逃してしまいます。出産に関しては、年齢に制限が出てきてしまうので後悔しても遅いのです。

自分の将来、そして自分の幸せを考えたとき、不倫を続けることが正解なのか考えてみてください。そこで答えを出しましょう。

他の男性で寂しさが埋まる

不倫がつまらなくなり少し距離をおいたときには、他の男性と親交を深めてみてください。食事をしたりデートをすることで、自分の気持ちの変化を考えてみましょう。

もし他の男性でも寂しさが埋まるようであれば、特別に不倫を続ける必要はありません。あなたはただ寂しさを誰かに埋めてほしくて不倫をしていた可能性もあります。

無理に不倫というリスクを背負わずに、別れて普通の恋愛を楽しみましょう。あなたにとって不倫相手は唯一無二の存在ではなかったのです。

何をしてもつまらない

不倫がつまらないと感じたとき、何をしているときにつまらないのか考えましょう。とことんつまらないのであれば別れた方が良いです。

一緒にいてもつまらない。
メールをしていてもつまらない。
セックスをしていてもつまらない。

何をしていても心が動かない場合は、もうそこにあなたの気持ちはありません。すぐにでも別れてフリーになった方が良いでしょう。

つまらないとき不倫を続ける基準とは?

一時的な倦怠期だった

ちょっとした倦怠期によるものだった場合は、無理に別れる必要はありません。マンネリというのは、恋人でもあることです。

少し気分を変えれば、また相手のことを新鮮な気持ちで考えることができるでしょう。倦怠期で別れてしまうと、後悔してしまうことになります。

離れると恋しい

会うことや連絡をやめて、自分の気持ちを向き合ってみてください。離れて恋しくて、いつも相手のことばかりを考えてしまうのであれば不倫を続けた方が良いです。

ただ一緒にいた人と離れれば、寂しさや恋しさを感じるのは当然でもあります。いくらつまらない関係だったとはいえ、やはり必要だと感じてしまうものです。

そのため数週間ではなく、長期戦で距離をおいてみてください。数か月たっても忘れることができないのであれば、それほど深く心に存在しているということです。

自分を成長させてくれる

不倫に未来はありませんが、不倫をしている意味がないわけではありません。一緒にいることで幸せな気持ちになれたり、成長できるのであれば、不倫している時間も大切です。

あなたが不倫で得るものとは、どのようなものでしょうか。それを紙に書き出してみてください。もし不倫であっても自分の人生に必要だと感じるのであれば、つまらない不倫ではありません。

今は無理に別れずに、もう少し様子を見てみましょう。自分が納得できるまで不倫を続け、得るものがなくなったときに別れると良いです。

結婚できなくても一緒にいたい存在

結婚できないことを前提として、それでも一緒にいたい存在であれば別れる必要はありません。今は一時的につまらないと感じていても、またときめく時がくるでしょう。

月に1回だけしか会えないかもしれない。
独身のままおばあちゃんになってしまうかもしれない。
不倫がバレたら仕事を続けられないかもしれない。

それでもいいと思える相手は、なかなか出会えるものではありません。つまらないと感じていても、好きという気持ちがあれば別れずに続けてみると良いでしょう。

一緒にいないともっとつまらない

一緒にいてもつまらない不倫でも、一緒にいないともっとつまらないかもしれません。一緒にいない時間を過ごして、満たされないのであれば関係を続けましょう。

一緒にいない時間を一定期間作らなくてはいけません。一緒にいない時間の自分の気持ちと向き合ってみてください。

周りの不倫事情とは?

平均的には半年で終わる

不倫をしているカップルは、平均すると半年で交際を終えています。半年という期間は、恋人同士でも倦怠期に入る時期だといえるでしょう。

不倫でも同じように倦怠期に入ります。恋人同士であれば乗り越えられることも、不倫の場合は簡単に諦めてしまいます。

半年経過して不倫がつまらなくなると、何も考えずに別れてしまうでしょう。そのため多くの不倫カップルが半年で関係を終わらせてしまうのです。

最長でも4年ほど

不倫カップルにはゴールがありません。長年付き合ったからといって結婚できるわけでもなく、ただ現状を維持したまま交際を続けることとなります。

ゴールがない不倫には、終わりがきます。一般的には不倫は最長でも4年ほどです。4年以上不倫関係が続くことは少なく、4年たてばつまらない現状に別れを告げるのでしょう。

短期不倫は期間限定のメリットばかり

多くの不倫カップルが短期で交際を終えるのは、そこにメリットを感じているからです。短期不倫にはおいしいことが多く、楽しいままで終えることができます。

  • 日常に変化が出る
  • 一時的に寂しさが埋まる
  • 未知の人物を知れる
  • 異なる価値観を共有できる
  • スリルを満喫できる

短期不倫には、メリットがあるのです。不倫がつまらないと感じたときは、短期不倫のメリットが感じられなくなったということでしょう。

もし不倫を好むのであれば、短期で相手を変える方が楽しめるかもしれません。相手に執着していないのであればリスクも少なく不倫することができるのです。

まとめ

どんなに愛し合っていても、つまらないという感情が出てくることは必ずあります。少しでも納得いかないことがあれば、それが気持ちを満たせないきっかけになるからです。

『つまらない=別れ』と安易に答えを出す必要はありません。しかしつまらないと感じたときこそ、今後のターニングポイントになります。

つまらないという感情と向き合い、今後どのように関係を続けていくか考えてみてください。自分なりの不倫の未来を決断すると良いでしょう。

plush.編集部
ライター

plush.編集部

関連記事

Ranking

ランキング

Follow us