• lovely

輪廻転生は実在する?実例とともに解説!

輪廻転生は実在する?実例とともに解説!

不思議な思想、輪廻転生(りんねてんしょう)。日本では仏教の教えのひとつとして知られています。「何度も生をくり返す」という意味の輪廻転生、はたして実在するんでしょうか?仏教や科学の世界から、そして前世の記憶をもつ人々の実例とともに解説していきます。

記事の目次

  1. 1.輪廻転生の不思議を問う!輪廻転生は実在する?
  2. 2.スピリチュアルな世界?輪廻転生の意味は?
  3. 3.仏教における輪廻転生【六道】の意味
  4. 4.仏教における輪廻転生【解脱】の意味
  5. 5.輪廻転生は科学的に解明できる?
  6. 6.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例1
  7. 7.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例2
  8. 8.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例3
  9. 9.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例4
  10. 10.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例5
  11. 11.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例6
  12. 12.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例7
  13. 13.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例8
  14. 14.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例9
  15. 15.前世の記憶なの?輪廻転生のスピリチュアル実例10
  16. 16.輪廻転生を科学で解明!前世の記憶をもつ人の特徴1
  17. 17.輪廻転生を科学で解明!前世の記憶をもつ人の特徴2
  18. 18.輪廻転生を科学で解明!前世の記憶をもつ人の特徴3
  19. 19.実例から学ぶ!輪廻転生の解釈の仕方1
  20. 20.実例から学ぶ!輪廻転生の解釈の仕方2
  21. 21.実例から学ぶ!輪廻転生の解釈の仕方3
  22. 22.実例から学ぶ!輪廻転生の解釈の仕方4
  23. 23.実例から学ぶ!輪廻転生の解釈の仕方5
  24. 24.輪廻転生をあなたは信じる?信じない?
彼にブロックされたかも…
返信がこないのはなぜ?
わたしって大事にされてるの…?

一人で抱えるその悩み、
電話で解決しませんか?


電話占いシエロ

チェックシエロ会員数150万人突破

チェックメディアで有名な占い師が多数在籍

チェック24時間365日いつでもどこでも非対面で相談



口コミユーザー口コミも多数!

「初回の10分の鑑定をしていただきましたので、少ししか情報をお伝え出来ませんでしたが、いただいたお言葉の方が多くて、しかもその通りで驚いています。」
引用元: https://happy-cielo.com

「とっても爽やかで優しく寄り添うように、元気付けていただきました。やや複雑なご相談かと思いましたが、的確にまとめて、詳しく鑑定の内容をお伝えくださり、先生のアドバイス通りにしたら、きっと上手くいく!!と思えました。」
引用元: https://happy-cielo.com

輪廻転生の不思議を問う!輪廻転生は実在する?

自分が以前、まったくの別人として、まったく違う人生を生きていた。そんな不思議な、スピリチュアルなことが自分の身に起こったら?

この世で生をくり返すとされる輪廻転生。世界には、まれに前世の記憶をもって生まれてくる人がいます。

いまだ科学的に実証されていないのですが、輪廻転生の実例は、世界中で報告されています。はたして、輪廻転生は実在するのでしょうか?

今回は仏教における輪廻転生の意味や、前世の記憶をもった人々の実例から、輪廻転生の謎に迫っていきます!

スピリチュアルな世界?輪廻転生の意味は?

輪廻転生(りんねてんしょう)は英語でリインカーネーション。俗に言う「生まれ変わり」です。人は何度も生と死を繰り返し、未来永劫生き続けるという考え方です。

輪廻転生は、インドのヒンドゥー教を起源として仏教に伝わりました。ヨーロッパやエジプト、オセアニア諸島、無心論者の間でも同じような思想が見られ、いずれもスピリチュアルな意味合いが強いです。

ヨーロッパでは、「肉体が滅んだとしても、魂が別の肉体に宿ることで生まれ変わる」という少し異なる意味があり、心霊主義(スピリティズム)と呼ばれています。

仏教において、「輪廻」は車輪が回る様子を表し、「転生」は生まれ変わりを意味します。生まれ変わる場所は6つに分けられており、その6つの世界を「六道(ろくどう)」と呼びます。

次に、仏教における六道の意味について詳しく説明していきます。

仏教における輪廻転生【六道】の意味

人の肉体が滅ぶと生まれ変わるとされる世界ーそれが六道(ろくどう)です。

六道は、「天道」を頂点として「人道」「修羅道」と続く「三善道」、そして「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」の「三悪道」から成っています。

自分が生きている時の行い次第で、死後六道のどこかに生まれ変わるとされています。仏教における輪廻転生のことを「六道輪廻」と言います。

小さい頃、「いいことをしたら天国、悪いことをしたら地獄に行く」と大人に言われたことはないでしょうか?こうした因果応報の考え方は、輪廻転生の六道思想から来ているんですね。

六道は「六道輪廻図」という円形で表され、原型はインドにあります。

グルグル回る六道にいる限り、また輪廻転生は起こります。六道の頂点「天道」にいたとしても、六道輪廻からは逃れられず、苦しみから脱け出せたとは言えません。

六道輪廻から抜け出す(=解脱する)には、無知・憎しみ・貪欲といった、「三毒の心」を捨てなければならないとされています。

六道以外には、仏様の住む「極楽浄土」の世界があります。仏教では観音菩薩を信仰することで、三毒の心を捨て去ることができ、六道輪廻から逃れられると言われています。

このことを仏教では「解脱」と言います。次に、解脱の意味について詳しく説明していきます。

仏教における輪廻転生【解脱】の意味

解脱とは、俗に言う「悟りを開く」ことです。仏様はこの世で生きることこそが苦しみと考え、そうして目指した境地こそが「解脱」です。

仏教において、解脱とは円を描く六道輪廻から逃れることを意味します。

六道輪廻にいる限り、人は何度も苦しみの中で生きることになります。六道から外れるためには、解脱する必要があるのです。解脱するには、清らかで罪なき者にならなければなりません。

解脱に成功した者は「ブッダ」と呼ばれます。俗に言う「仏様・お釈迦様」ですね。仏教において、解脱した(=悟りを開いた)者は、尊い存在とされます。

解脱した先に待っているのは、永遠の死です。永遠の死と言われると、なんだか恐ろしい気もしますが、元々私たちが有している死の概念は、六道から外れる「解脱」を意味します。

六道輪廻を回って、生きる恐怖を味わい続けるのに対し、解脱はただ一度の死の苦しみを味わうのみ。そう考えると、解脱こそがこの世における究極の救いと言えるかもしれません。

次へ

関連記事

Ranking

ランキング

Follow us