• lovely

陰陽五行説とは?わかりやすく解説!

陰陽五行説とは?わかりやすく解説!

古代中国の思想が原点になった陰陽五行説。陰陽五行説の思想は現代社会にも様々な面で人の生き方や生活に影響しています。陰陽五行の説く自然界は5つの要素で生成されそれぞれが巡って構成されていると言われるその5つの要素とは?今回はこの陰陽五行説を解りやすく説明します。

記事の目次

  1. 1.古代中国の思想が生んだ雑学・陰陽五行説
  2. 2.陰陽五行説とは
  3. 3.陰陽五行説での相性とは
  4. 4.陰陽五行説:5つの色
  5. 5.陰陽五行説:食べ物との関係その1
  6. 6.陰陽五行説:食べ物との関係その2
  7. 7.陰陽五行説:名前との関係
  8. 8.陰陽五行説:性格との関係
  9. 9.陰陽五行説:その他5要素の配分
  10. 10.現代社会にも影響する陰陽五行説とは…

古代中国の思想が生んだ雑学・陰陽五行説

古代中国の思想が原点となる雑学・陰陽五行。現代に受け継がれ伝えられているこの雑学の教えの人気振りは、雑学と言えぬものを感じずにはいられません。雑学と言え、古代中国の二つの思想が結びついて生まれた自然界の習わしに現代人も導かれざる得ないものがあるようです。

雑学とも言われる陰陽五行とは古代中国の教えである陰陽思想と、中国古来の思想・儒教を中心とする思想家の間で発展していった五行思想が結びついた思想です。陰陽思想はたとえば太陽が陽で、月は陰、奇数が陽で偶数が陰、また表は陽で裏は陰という構成で、自然界のあらゆるものが陰と陽の2つで生成されていると説かれている思想です。

この思想がやがて、自然界の万物は5つの要因から生成されていると説かれた五行の思想と結びつき自然界が構成されているという陰陽五行説に移り変わり世界に広まったのです。

陰陽五行説とは

雑学とも言われる陰陽五行説は古代中国の神話に登場する帝王が説いた思想である陰陽思想と、中国の史書に記されている最後の王朝の創設者が発案した五行の思想が、様々な事柄と結びついて生まれた思想です。雑学とはいえ現代社会においても古代中国からの思想に基づいた陰陽五行説で説かれている事柄が、現代でも人々の生き方や生活に様々な影響をきたしています。

陰陽思想は自然界のあらゆるものは単独で成り立っているのではなく陰と陽という相反する2つの形で構成されていて、互いの勢いが衰えたり盛んになりながら生成されていると説いている思想です。そしてのちに結びつく五行の思想は万物は5つの要素から成り立っていると説いている思想です。五行思想でいう自然界は木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)の5つの要素から自然界の万物は成り立っていると説いています。

五行思想の5つの要素は、五行の「行」の字が意味する「巡る」とか「循環」という意味の通り、それぞれの要素が循環することによって万物が構成されて自然界が成り立っているのだと説かれています。また五行の5つの要素は互いに相性が合うものと合わないものがあり存在しています。

陰陽五行説での相性とは

陰陽五行の5つの要素には、互いに相性が良い関係である「相生(そうじょう)」、一緒では相反してしまい相性が悪い関係の「相剋(そうこく)」、互いに結びつくとますます運が強くなるといわれる「比和(ひわ)」という相性があります。この相性の関係を持ちながら5つの要素が自然界でぐるぐる巡っているのです。

陰陽五行の相性を単純に考えると、相生は相性が良く、相剋は相性が悪い組み合わだということになり、相剋の関係はマイナスのイメージを受けてしまいますが、相生は陰陽思想の「陽」、そして相剋は「陰」の関係であるため、自然界では相生の「陽」と相克の「陰」の両方が存在するからこそバランスがとれていると考えられています。

すなわち自然界では気がよいばかりがいいというわけではなく、時にはそのエネルギーを抑えることも必要であると説いているのです。勢いが衰えたり盛んになりながら自然界の万物が生成されるため、陽と陰の2面が自然界では必要であり、相生の関係も相剋の関係も必要だと、陰陽五行の説く5つの要素の相性の関係をこのように諭しています。

相生(そうじょう)

陰陽五行説の5つの要素の中で、相生とは相性がいい関係にあるものを言います。たとえば木は火を燃え上がらせるので木は火を生じ、燃えたあとには灰が出て土になるので火は土を生じると言われます。そして土を掘ると土の中には金があるというので土は金を生じると言われます。金属の表面には水が生じるので金は水を生じ、水は木を育てるのに必要であるため水は木を生ずるというのが相性がいい「相生」といわれる関係です。

この関係はずっと循環して続いていくものとされています。木→火→土→金→水→木というよう順に巡っているのです。5つの要素が順番にいい気をめぐらせ高める「陽」の関係が相生の関係です。



相剋(そうこく)

陰陽五行説の5つの要素の関係で相性の悪いものを相克といいます。たとえば木は土から栄養を吸収して成長するので木は土に勝つと言われ、土は水を吸収するので土は水に勝ち、水は火を消してしまうので水は火に勝つ。そして火は金属を溶かしてしまうので火は金に勝ち、金属は木を切ることができるので金は木に勝つというように、相性が良くない関係をいいます。木→土→水→火→金→木と巡り、気を押さえ静める「陰」の関係が相克の関係です。


比和(ひわ)

陰陽五行説の5つの要素で互いに一緒になると相乗効果をあげてますます盛んにそして強くなる相性のものもあります。その相性を比和といいます。たとえば木と木、火と火、土と土、金と金、水と水は一緒になると単体で得られる以上に強い力やよい結果を出すことができる関係です。しかしこの比和は良いことにばかりが強められるわけではなく、悪い方向にも効果を上げることもあり、ますます悪くなるという場合もあります。

陰陽五行説:5つの色


一人で抱えるその悩み、
占い師に電話で相談しませんか?



チェックシエロ会員数150万人突破

チェックメディアで有名な占い師が多数在籍

チェック24時間365日いつでもどこでも非対面で相談



口コミユーザー口コミも多数!

「初回の10分の鑑定をしていただきましたので、少ししか情報をお伝え出来ませんでしたが、いただいたお言葉の方が多くて、しかもその通りで驚いています。」引用元: https://happy-cielo.com

「とっても爽やかで優しく寄り添うように、元気付けていただきました。やや複雑なご相談かと思いましたが、的確にまとめて、詳しく鑑定の内容をお伝えくださり、先生のアドバイス通りにしたら、きっと上手くいく!!と思えました。」引用元: https://happy-cielo.com
次へ

関連記事

Ranking

ランキング

Follow us