• lovely

算命学の命式の算出法・見方を解説!星の意味を理解しよう

算命学の命式の算出法・見方を解説!星の意味を理解しよう

算命学という占いがあるのをご存知でしょうか?算命学とは、中国では学問として扱われているもので、命式で算出することで運命を知るという占いになります。なんだか難しいように聞こえる算命学について、命式の算出法と星の意味や見方について解説をしていきます。

記事の目次

  1. 1.運命を命式という計算で導き出す算命学
  2. 2.算命学の命式◎算命学とは
  3. 3.算命学の命式について
  4. 4.算命学の命式◎守護神とはどんな存在か
  5. 5.算命学の命式◎天中殺とは何か
  6. 6.算命学の命式◎日干から見るあなたの本質
  7. 7.算命学の命式◎陰占とは
  8. 8.算命学の命式◎陽占とは
  9. 9.算命学の命式◎陽占の「十大主星」とは?
  10. 10.算命学の命式◎陽占の「十二大従星」とは
  11. 11.算命学の命式◎人体星図の見方・頭に現れる星とその意味
  12. 12.算命学の命式◎人体星図の見方・左肩に現れる星とその意味
  13. 13.算命学の命式◎人体星図の見方・右手に現れる星とその意味
  14. 14.算命学の命式◎人体星図の見方・胸に現れる星とその意味
  15. 15.算命学の命式◎人体星図の見方・左手に現れる星とその意味
  16. 16.算命学の命式◎人体星図の見方・右足に現れる星とその意味
  17. 17.算命学の命式◎人体星図の見方・腹に現れる星とその意味
  18. 18.算命学の命式◎人体星図の見方・左足の星とその意味
  19. 19.算命学の命式◎算命学から見る相性
  20. 20.算命学の命式の算出法・見方を解説!まとめ

運命を命式という計算で導き出す算命学

日本には女性に人気のあるスピリチュアルな占いがたくさんありますが、「算命学」も占いのひとつです。そもそもの発祥は中国ですが、日本にある算命学は日本式になるようです。

算命学は、生年月日からその人の特性や運命を算出するもので、占いと書きましたが、中国では学問に分類されています。

算命学は、その名前からなんだか小難しそうに見えますが、解釈字体は単純です。スピリチュアルといえばタロットカードと同じで、算命学を見る人によって解釈の深さが変わってくるものだともいえるようです。

今回はそんな、スピリチュアルな算命学の命式の算出法・見方を解説していきます。

教えてくれたのは…

プロフィール画像観山素至命 先生

1958年1月26日 鹿児島県生まれ
算命学.jp 主宰
自然法算命学占いチャンネル 主宰
Lovely占いカテゴリー 監修


算命学の中でも冬至年初を旨とする「王暦」による考え方で命式を鑑定する独自の「冬至説」論文を提唱し、就職・恋愛・結婚など人生の分岐点での占いを通して人生の開運法を幅広く指南しています。
詳しくはコチラ

【人気記事】電話占いCharis(カリス)の口コミは?ウラスピの評判や当たる先生など徹底調査!のイメージ
【人気記事】電話占いCharis(カリス)の口コミは?ウラスピの評判や当たる先生など徹底調査!
電話占いカリスは2010年から一部上場企業子会社が運営している老舗の電話占いなので、信用度が高く安心して利用する事が出来ます。 また、全国から業界一厳しい選考を通過した当たると評判の超実力派の占い師さんのみが在籍しています。 なので「一流の占いを受けてみたい!」と言う方にオススメできます。 しかし、電話占いカリスは初回の特典が弱く、料金的にお得と言えるのか微妙です。 そこで今回は、口コミ・評判をもとに電話占いカリスのメリットと注意点から当たる占い師さんまで一挙にご紹介します。 ぜひ参考にしてみて下さい。

算命学の命式◎算命学とは

Photo by103924

中国では学問にもなっている「算命学」とは、どういう占いのことなのでしょうか。
算命学は運命学の流派のひとつです。

まずは干支暦(かんしれき)をもとに、年と月と日の干支を出します。自分の生まれた干支ではない干支があるのですね。そして、中国の占星術と中国陰陽五行思想を用いて運命を占っていくのです。

中国陰陽五行思想とは、この世の中には5つの要素が存在する、という考え方です。
5つには、「木」「火」「土」「金」「水」があります。

なんとなく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この考え方を応用することで、人のもって生まれた星や守護神の位置がわかります。星や守護神については、後ほどあらためて説明させていただきますね。

その星や守護神の位置がわかることで、宿命や相性を命式表で算出していく、というのが算命学なのです。

算命学の命式について

フリー写真素材ぱくたそ

算命学は、星や守護神の位置を算出するのですが、その算出に使われる式を「命式」といいます。

算命学で使われる命式表は、縦3行、横3行の9つのマスをつくり、そこに生年月日から計算した干支を当てはめていくところからスタートします。

干支は、日本で使われている十二支と、たまにカレンダーに書かれている十干(じっかんし)であらわされます。

なんだか難しいという人は、インターネットで命式表を算出できるページもあるので参考にしてみてくださいね。

十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類からなり、十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類からなっており、これらを合わせて干支と呼ぶ。

先ほどもいったように、十二支は知らない人がいないと思います。十干はカレンダーなどにはたまに書かれていることがあるのですが、気づいたことがある人はいるでしょうか。

この干支の考え方は古く、陰陽五行説よりもはるかに古い起源があるそうです。

算命学の命式◎守護神とはどんな存在か

フリー写真素材ぱくたそ

算命学とはのところでも書きましたが、算命学でとても重要な役割をするのが、「守護神」になります。守護神とは算命学に限らず、人が生まれながらに持っている、自分を守ってくれる神様のことです。

人生でもしものことがあったときには守ってくれたり、正しい方向へ導いてくれると言われています。ただし守護神には、ラッキーを運んできてくれる恵比寿様のような神様ではありません。

算命学の命式の9つのマスの中で、あなたの守護神が上の方の位置にあるほど、守護神からの助けを多く受ける事ができると言われています。

運勢からいうと、守護神の位置が命式表9つのマスの上の方にある人ほど、苦労することない人生を歩んでいける運命にあると考えられます。

守護神が、命式表9つのマスの中で下の方にある人は、運勢からいうと良くは無いようです。守護神からの助けをあまり得られないために、苦労する運勢を送ると考えられています。

どちらかというと、平凡につつがない運勢を送るための助けをしてくれるのが守護神の役割なのだと考えられています。

算命学の命式◎天中殺とは何か

Photo byCounselling

算命学には天中殺(てんちゅうさつ)という考え方があります。天中殺とは、何をやっても天の加護を受ける事ができない期間という意味です。日本風にいうと、厄年と言いかえることができるかもしれませんね。

この天中殺は、全ての人に訪れるものです。期間は12年のうちの2年間、12カ月のうちの2か月間、12日のうちの2日間です。けっこう頻繁に天中殺は訪れるのですね。12日のうちに2日間も天中殺があるようです。

この天中殺の期間は、新しいことを始めるのはやめたほうが良いと考えられています。引っ越しや結婚、新しいプロジェクトなどは、別の期間にしたほうがいいと言われます。

この天中殺を乗り越えることで、成長のチャンスがあるともいわれているようです。

次へ

関連記事

Ranking

ランキング

Follow us