• lovely

耳のほくろの意味と運勢は?耳たぶなどの位置ごとに解説!

耳のほくろの意味と運勢は?耳たぶなどの位置ごとに解説!

普段はまったくといってもいいほど気にかけない耳たぶや耳のほくろ。耳を見ること自体が日常生活ではあんまりないため見過ごしがちですが実は耳たぶや耳のほくろにはいろいろと隠された情報があるといわれています!あなたのほくろは一体どんな意味を持っているのでしょうか?

記事の目次

  1. 1.耳たぶ、耳のほくろは・・・
  2. 2.耳たぶ、耳のほくろのおおよその意味は?
  3. 3. 位置別耳のほくろ占い!
  4. 4.耳のほくろは幸運のサイン?

耳たぶ、耳のほくろは・・・

みなさんは耳たぶや耳のほくろって持っていますか?自分の耳がどういった形をしているかはおぼろげにおぼえているとしてもほくろの位置まではさすがに気にしませんよね。いくつほくろがあったかはもちろん、どこにあったか、そもそもほくろがあったかどうかすら曖昧なことと思います。

実は耳たぶや耳のほくろはそれぞれ位置によって違った意味をもっていて、運勢やその人の性格をあらわしていると言われています。ほくろができるのは先天的な原因もありますし日焼けや肌のダメージなど後天的な要因によってつくられることもあります。

でも一体耳たぶや耳のほくろはどんな意味を持っているのでしょうか?イメージ的にはなんとなくほくろができること自体よくないように感じてしまうかもしれません。耳穴や耳の裏など、それぞれの位置ごとにどんな意味があるのかまとめてみました。ぜひ鏡でチェックしてみましょう!

【人気記事】電話占いCharis(カリス)の口コミは?ウラスピの評判や当たる先生など徹底調査!のイメージ
【人気記事】電話占いCharis(カリス)の口コミは?ウラスピの評判や当たる先生など徹底調査!
電話占いカリスは2010年から一部上場企業子会社が運営している老舗の電話占いなので、信用度が高く安心して利用する事が出来ます。 また、全国から業界一厳しい選考を通過した当たると評判の超実力派の占い師さんのみが在籍しています。 なので「一流の占いを受けてみたい!」と言う方にオススメできます。 しかし、電話占いカリスは初回の特典が弱く、料金的にお得と言えるのか微妙です。 そこで今回は、口コミ・評判をもとに電話占いカリスのメリットと注意点から当たる占い師さんまで一挙にご紹介します。 ぜひ参考にしてみて下さい。

そもそもほくろはどうしてできるの?

加齢や肌環境によってほくろができてしまうのはある程度避けられないですよね。どんなに気をつけていても100%ふせぐというのは難しいほくろですがそもそもどうしてできるのでしょうか。

ほくろができる原因として有名なのがメラニンですよね。メラニンと聞くとこれもまたマイナスなイメージがあるかもしれませんが実は重要な役割を果たしています。

メラニンは外部の刺激から肌を守るためにつくられるものなので、むしろ肌の味方なんですね。メラニンができること自体が肌への刺激があること前提なのでメラニンというと悪く言われがちです。

メラノサイトという物質が活性化することによりメラニンがつくられるのですが、普段の肌へのダメージが大きいと肌をまもるためにメラニンが残ってしまうんですね。

これが多量に残ったものがほくろとしてできあがります。耳たぶや耳のほくろは吉と言われていますが肌へのダメージからつくられるものなだけあってほくろができること自体はよい肌環境ではないんですね・・・。複雑です。

加齢によってつくられる薄く広範囲にわたってできるほくろは老人性色素斑と呼ばれ、こちらも大きくはほくろに分類されます。

■参考記事:人相占いと耳の形についてはコチラも参照!

人相占い!顔相で性格や運勢がわかる!【人相学】 | plush.のイメージ
人相占い!顔相で性格や運勢がわかる!【人相学】 | plush.
顔相、人相から運勢を占うことを人相占いや人相学と言います。顔は大人になれば大きく変わることがないので、運勢も変わらないと思っている人もいます。しかし、顔相、人相は朝と夜では違います。人相学はその変化も含めた占いなのです。この記事では人相占いをご紹介します。
耳の形で性格や運勢がわかる!形ごとに解説します!【人相学占い】 | plush.のイメージ
耳の形で性格や運勢がわかる!形ごとに解説します!【人相学占い】 | plush.
みなさんはどのような耳の形をしてますか?突然聞かれても普段自分の耳の形なんていつでも簡単に見れるわけじゃないし気にしない人がおおいはず。でも実は耳の形で性格が分かるというのは昔から有名な話なんです!あなたの性格や運勢を教えてくれる耳をチェックしてみてはいかが?

耳たぶ、耳のほくろのおおよその意味は?

耳たぶや耳のほくろには右耳か左耳か、耳穴なのか耳裏なのか耳たぶなのかなどできた位置によって意味も違ってきますがほくろができること自体は吉だといわれています。耳のほくろを持つ人は運勢が上向いてきている証拠であり、成功運や金運にめぐまれると言われています。

ほくろと言われるとどことなく一般的に悪いイメージを持っている方も少なからずいらっしゃっても不思議じゃないように感じますが実際は意外にもいいことなんですね!目立たない裏側ならばまだしも顔にほくろができると美容的な意味で特に女性は忌避感があるのかもしれません。

確かに顔にほくろがあることで印象的な顔になる人も多くいると思います。芸能人などでもほくろのイメージが強い人っていますよね。でも耳たぶ、耳のほくろに関しては喜ばしい話も多いためほくろがある人はラッキーですね!特に耳裏にほくろがある人の運勢は非常によいと言われています。

ほくろの種類と意味

ほくろに関する占いでもう1つ有名なのが生きぼくろと死にぼくろです。生きぼくろはその名の通り生き生きとしていてでっぱっていることも多いほくろです。艶があり、ほくろらしいほくろと言えます。

生きぼくろは基本的に吉兆として扱われることが多く、生きぼくろができること自体はよいことだとされています。対して死にぼくろは薄く凹凸がないほくろのことをさします。広範囲にわたっていることもおおく、加齢によってつくられるシミなどもこれに分類されます。

どうしても加齢やストレスなどによりできてしまうことはあるのですが、こちらはあまりいい運勢を示すことはないです。生きぼくろと死にぼくろ、ほくろに関する占いなどで必ずといっていいほど出てくる登場頻度の高い話題ですが主にほくろとして扱われるのは生きぼくろとされています。

運勢や性格を占う際にも生きぼくろに注意してチェックしてみてください!

右耳のほくろは?

では右耳と左耳ではどういった違いがあるのでしょうか。ほくろが右耳左耳どちらかにしかないという方がほとんどですよね。右耳のほくろは主にその人の理性に関係していると言われています。右耳にほくろがある人は理知的で頭の回転が早く、賢い人が多いとされます。

また賢いことと関連して常識や対人関係などに強いとされています。そのため、仕事でも人の間をとりもって成功する頭脳明晰な人が多いです。確かに要領がいい人はものごとの表裏を見抜き、優先順位をつけて仕事をこなすことにたけていますよね。右耳にほくろがある人はそういった面に優れています。

性格的には冷静でクールな人がおおく、落ち着いた人が多いといわれています。どちらかというと情熱や根性というよりは冷静な判断で実利をとるという人が多いのでしょうね。そのためか右耳にほくろがある人は左耳にある人やほくろがまったくない人と比べて結婚が早いといわれ、また仕事の運勢も上々です。

左耳のほくろは?

一方で左耳にほくろがある人はどうなのでしょうか。右耳がクールな人だと聞くと左耳にほくろがある人は情熱的な性格のイメージがあります。

その予想はあたっていて左耳にある人は情熱的な性格で非常に刺激に満ちた人生を送ると言われます。右耳にほくろがある人とは正反対ですね。また左耳にほくろがある人は対人関係を渡っていくのがうまく、多くの人間関係に恵まれます。

ですが一方でその裏返しか対人関係でのトラブルも多く、よくも悪くも波瀾万丈な人生になりやすいです。刺激を求める性格とあいまって転職などが増えるため、ひとところにおさまらない人であることが多いです。

以上が右耳と左耳の違いになります。大きくわけて考えると右耳は冷静沈着で安定志向な人がおおく、左耳は情熱的で社交性があり、刺激的な生活を求めるという違いがあります。

あくまでも傾向なので左耳にほくろがあるからといって必ずしも情熱的という判断をするとあとでそのギャップに驚くことになったりするかもしれません・・・?

耳のほくろと性別の関係

ここまで左耳、右耳にわけて耳のほくろを説明してきましたが性別についての違いも大きく、これは人相学などでも非常に重要視されるファクターになっています。

主に男性は顔の右半分、女性は顔の左半分で運勢や性格を占うのがよいとされており、ほくろ占いもそれに則って説明されていることが多いです。

「え、それじゃ左右のほくろとまったくいってることちがうじゃん・・・。」と思ってしまいますよね。これには耳のほくろ占いと人相学の性別からくる違いが裏にあります。ほくろ占い自体は一般的に多く行われており、ほくろができること自体が占いとして扱われることが多くありました。

一方で人相学も古くから民間で行われてきましたが左耳の耳たぶや右耳の耳裏など特定の部位を性別や年齢で分けてみることによりその人の運勢や性格に特化した占いをするのが特徴でした。

こちらは手相を見るのに近く、よりパーツを詳しくみるんですね。どちらが正しいということはなく、別々に発生したものが長い歴史の中でごちゃまぜになったと考えられます。

次へ

関連記事

Ranking

ランキング

Follow us