• lovely
【おっぱい占い】バストの形で恋愛運・結婚運がわかる!

【おっぱい占い】バストの形で恋愛運・結婚運がわかる!

おっぱいの形から運勢が分かる占いがあるなんて話を聞いたことはありますか?実はあるんです♪時代とともに意味合いは少し変化してきていますが、古来は子供運として占いが行われていました。今回は、おっぱいの形にどのような意味合いがあるのかをご紹介していきます♡

234View

記事の目次

  1. 1.おっぱい占いとは?
  2. 2.人相学とは?
  3. 3.おっぱい占い:大きなバスト
  4. 4.おっぱい占い:平たいバスト
  5. 5.おっぱい占い:ツンと上向きバスト
  6. 6.おっぱい占い:ロケットのようなバスト
  7. 7.おっぱい占い:下向きバスト
  8. 8.おっぱい占い:おわん型バスト
  9. 9.綺麗なバストを保つには
  10. 10.まとめ

おっぱい占いとは?

Photo byFeeLoona

おっぱい占いとは、大きさや小ささだけでなく、おっぱいの形も人それぞれであるのでおっぱいの形で占います。

現代では、運勢、恋愛運、結婚運を占うことが多いですが、このおっぱい占いは古来は、子供運として子供に恵まれるかを観たそうです♪

それでは、人相学の違いとともにご紹介していきます♡

人相学とは?

Photo bySpiritBunny

人相学とは、人の体の形(体型)や動作及び特に顔の特徴からは、その人の能力や性格や総運勢を観ることができます。

人相学は元々、中国で病気の診断方法として使われてしましたが、総運勢を観る方が大きくなり、現代の人相学に繋がってきました。

さて、あなたは自分の「おっぱい」をよく見たことがありますか♪

なければ一度お風呂に入る時にでも鏡で良くご覧になってみてくださいね♡

おっぱい占い:大きなバスト

張りのある「大きなバスト」には、どのような意味があるのでしょうか?

このような形のおっぱいには、賢くて勉強熱心なところがあるので一つの道を貫く人になるでしょう。

恋よりも仕事人になる方もいるかもしれませんね。

しかし、母性が強いので子供が好きな人は多いのでは?

結婚もするでしょうが、子育てに力を注ぎ、夫婦のコミュニケーションが取れずシングルマザーになる可能性もマイナス点としてはありますので、そうならないように気を付けてくださいね。

■参考記事:男性はなんで巨乳が好きなの?コチラもチェック!

おっぱい占い:平たいバスト

「平たいバスト」の中でも、上部より下部がふっくらして、乳首が上を向いている形のおっぱいは、とても良い運勢とされています。

気品があり控えめな方が多くて陰から支えるところがあります、恋愛運は情熱的な恋をするタイプです。

きっと清楚感が男性の心を揺さぶるのでしょうね。

「平たいバスト」の女性は尽くすタイプでもあるので結婚運も良く、結婚をしたら良妻賢母となり、子育ての上手な女性に成長するでしょう。

おっぱいが小さいのをマイナスに捉えてしまう方もいるかもしれませんが、全ての男性が豊満なおっぱいが好きという訳ではありませんし、結婚をする相手とセックスした時に満足感がお互いに得られるのなら、それが一番幸せなのではないでしょうか♡

■参考記事:貧乳には貧乳の魅力が…!コチラも参照

おっぱい占い:ツンと上向きバスト

「形の良いバスト」を持っている女性は、可愛らしく男女問わず人気があり友達も多いでしょう。

乳首がツンと上向きになっていたら最高の運勢です。

恋愛運は、ステキな男性と情熱的な恋をするでしょう。

ガツガツしたタイプではないので、可憐だと感じて告白してくる男性が多く恋多き女性になることもあります。

結婚運も良く玉の輿になるかもしれません。幸せな結婚をするでしょう。

おっぱい占い:ロケットのようなバスト

ロケットのような形と言われても想像が難しいですよね。

「ロケットのような形のバスト」とは、前に突き出しているド迫力なおっぱいです。

イメージできたでしょうか?このような形のおっぱいの女性は、とにかく負けず嫌いで強気!

エネルギーもあるので自分の欲しいものは手に入れるためになんでもするでしょう。

夢は叶えることができる良い運勢を持っています。

行動力もあるのでリーダーとして活躍することが多いでしょう。

おっぱい占い:下向きバスト

おっぱいが下を向いている形の女性は、おおらかで自由奔放なところがあります。

おっちょこちょいな面もあるのか失敗もしますが、そんなことにはへこたれずに前進して世の中を歩いていくタイプです。

頑固さもあるのか自分の決めたことを曲げようとはなかなかしません。

それが心身ともに痛いものだとしても這い上がる力も持っているのです。

大器晩成型の運勢なので若い頃の痛みは晩年の糧となると思い歩いて行ける人です。

次へ

関連記事

Follow us